初めて風俗を利用した時

私が初めて風俗店を利用したのはいつの事だったでしょうか。

随分昔のことなのではっきりと思い出すことができないのですが、確か、あれは、私が大学二年生ぐらいの事だったと思います。

そのときは下宿していた高田馬場から近い池袋 風俗を利用したのを覚えています。

二年間浪人をしていた私ですので、年齢は、二十二歳ほどになっていたかと思います。

その年で、風俗を初めて利用するのは、早い方なのか遅い方なのか、私にはどちらなのかは判断はできません。

しかし、周りの友人の経験を聞く限りでは遅い方だったのではないかなという感じもしますが、私の周囲にいる人間は、みんな遊び人といわれるようなタイプだったので、彼らを基準にするのは間違っていることかもしれません。

とにかく、私はそうした遊び人の友人たちと、夜の街で酒を飲み回っていました。

学生時代のことですので、あまり高級な店に行けず安酒を煽っていました。

そのため、酔いが回るのが早く悪酔いをしていました。

そして、ある居酒屋を出て誰からともなく風俗に行こうと言い出したのです。

私は、最初はそれを拒否しましたが、無理やり引きずられるようにして風俗に連れ込まれました。

そこで、私は天国のような経験をしました。

風俗はこんなにいいものだったのかと思い、それ以来、毎週風俗に通うようになったのはいい思い出です。

現在は自宅から近い、というか上野 風俗に近いから御徒町に住んでいるんですが、昼でも夜でもよく利用します。

 

はじめての風俗での入店前のドキドキ

人間の三大欲求に、食欲、睡眠欲、性欲とあるくらいですから、性欲は自然と沸き起こるものです。

その中の性欲を満たすために、風俗やデリヘルを利用することは、男子たるもの、経験してるはずです。

もちろん女性も性欲というのが意外とあるようで、神戸 風俗求人で出会ったコなんかは性欲を発散するために働いているそうです。

男性も女性もいろんな経験をしていると思いますが、その中でも、はじめての風俗というのはやはり印象が強いのではないでしょうか。

私の場合、はじめての風俗はヘルスだったんですが、一人で行きました。

当時、彼女もおらず、一人で処理してばかりなのも虚しく、風俗へ行ってみようと決心しました。

余談ですが、私の初めての彼女というのも渋谷 風俗求人で働いていた女の子だったんです。

それはそうと、いろんな掲示板などで情報を漁っていると、どこそこの店は行ったら結構ハズレだったといった感想を見かけました。

折角行くのにハズレは嫌だったので、色々情報を探し続けました。

そこで名古屋の某店がよさそうだと思い、その中から何人かピックアップして、静岡からはるばる新幹線に乗って栄のほうまで飛んで行きました。

あまり馴染みのない場所だったので色々迷いましたが、なんとか目的の某店を探しました。

しかしなにぶん初めてな風俗体験なもので、店の前を入ろうと思うものの店の前を素通りしていき、また折り返しては素通りしていき、結局1時間くらいウロウロしていたと思います。

どこかで私のことを見ていて、怪しい人間が某店の前にいるなんて思われたかもしれません。

ようやく、その後、意を決して入店し、後は流れで色々気持ちよくなりましたとさ。